2012年03月31日

クラウディオ・ピサーロがヴェルダー・ブレーメンとの契約を今夏に解除

L'Equipe(フランス)31/03/2012

"Pizarro libéré"
「クラウディオ・ピサーロがヴェルダー・ブレーメンとの契約を今夏に解除」

クラウディオ・ピサーロが今夏、ヴェルダーを去る。

2008年にブレーメンに復帰していたこのペルー人選手は、トーマス・シャーフ監督率いるこのクラブと2013年までの契約を結んでいたが、契約の退団条項を行使したため、シーズン終了後に彼が望むクラブと自由に契約できることになった。

ピサーロは、以前彼が所属していたクラブの一つであるバイエルン・ミュンヘンに加入する可能性がある。

Claudio Pizarro quittera le Werder cet été. Le Péruvien, revenu à Brême en 2008 et lié avec le club de Thomas Schaaf jusqu'en 2013, a activé la clause de départ de son contrat et se retrouvera libre de s'engager où il le veut à l'intersaison. Il pourrait rejoindre un autre de ses anciens clubs, le Bayern Munich.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Pizarro-libere/274061
posted by フランスフット at 21:11 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謎に満ちたセルヒオ・アグエロの故障

L'Equipe(フランス)31/03/2012

"La blessure mystère d'Agüero"
「謎に満ちたセルヒオ・アグエロの故障」

セルヒオ・アグエロは、土曜のサンダーランド戦に出場しない。『クン』は負傷したと見られている。ロベルト・マンチーニ監督にとっては縁起の良いことではない。なぜならマンチェスターシティのチーム得点王を起用できないからである(27試合で17得点)。

離脱期間はどれくらいなのか?それは分からない。しかしなぜ負傷したのか?それについても分からない。マンチーニは負傷の理由を明かしたがっていない。説明は以下の通り。

「愚かな怪我だ。彼の過ちによるものではないが、この怪我のせいでプレーできない。(離脱期間は)1日なのか、10日なのか2週間なのか、わたしにはなにも分からない。そしてそれ以上は話したくない。」

ストーク戦にも欠場していたアグエロだが、アーセナル戦が迫っている。『クン』がバカな怪我のためにエミレーツスタジアムでの重要な一戦に出場できないのならそれはバカである。マンチーニが怪我について話さないのは、それが本当にバカなことだということである。

Sergio Agüero ne disputera pas le match de Manchester City ce samedi face à Sunderland. Le Kun se serait blessé. Pas de bonne augure pour coach Roberto Mancini, qui se voit priver de son meilleur réalisateur (17 buts en 27 rencontres).

Pour combien de temps ? On ne sait pas. Mais surtout, pour quelle raison ? Bah on ne sait pas non plus. Mancini préfère garder ça secret. Tentative d'explication :

"C'est une blessure stupide. Ce n'était pas de sa faute, mais il ne peut pas jouer avec cette blessure. Pour un jour, dix jours ou deux semaines, je n'en sais rien. Et je ne préfère ne pas vous en dire plus."

Contre Stoke passe encore, mais Arsenal se profile à l'horizon. Alors il serait con que Kun rate un duel important à l'Emirates pour une blessure... à la con. Et pour que Mancini n'en parle pas, c'est que c'est forcément très, très con.

AP

http://www.sofoot.com/la-blessure-mystere-d-aguero-155236.html
posted by フランスフット at 21:03 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

サッカーの試合中に相手選手をボコボコにしたアメリカの女子高校生

SO FOOT(フランス)29/03/2012

"AGGRESSIVITÉ FÉMININE PRÉCOCE"
「女子生徒による試合中の暴力」



サウスカロナイナ州で高校の女子チーム同士が試合をしていた。でこぼこのピッチ上でのプレーは困難を極めていたが、この試合は驚くべき舞台に取って代られることになる。

アメリカ全土を憤慨させている人物、それはアネット・マッカラである。試合中、この女子生徒はサイドでボールを受け、走り出したものの、倒れてしまった。相手選手に掴まれたかどうかは明らかではない。しかし彼女にとって、掴まれたことは明らかだった。

よって彼女は振り返り、相手選手を地面に倒して、ボコボコに殴った。幸いなことに、被害者の怪我は軽症ですんだ。

特記すべきは、チームメートが助けに駆け寄っていったものの、アネット・マッカラによる暴力を目の前にし、後ずさりしたことである。また主審もすごい。彼はアネット・マッカラが背を向けてピッチを去るのを待って、レッドカードを提示したのである。何をやられるかわからないからなのか・・・

29/03
Nous sommes en Caroline du Sud, match pourrave entre deux équipes féminines de lycée. Ça joue plutôt mal sur un terrain boueux et cabossé, qui va être le théâtre d'une scène étonnante.

C'est Annette McCullough qui va scandaliser l'Amérique entière. Durant le match, l'étudiante prend le ballon sur son aile, déborde puis tombe. L'accrochage avec son adversaire est peu évident. Enfin pas pour elle.

Elle se retourne, la fout par terre, la roue de coups de poings. Heureusement, la victime n'a été que légèrement blessée.

Mention spéciale à la coéquipière venue à la rescousse et qui rebrousse chemin devant la violence de l'ailière. Big up également à l'arbitre qui attend que la joueuse soit de dos et sortie du terrain pour lui infliger un rouge. On ne sait jamais...

AP

http://www.sofoot.com/aggressivite-feminine-precoce-149929-videos.html
posted by フランスフット at 22:13 | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーカス・ポドルスキのアーセナル移籍が決定

L'Equipe(フランス)30/03/2012

"Podolski ira bien à Arsenal"
「ポドルスキのアーセナル移籍が決定」

数週間前から噂されていたルーカス・ポドルスキのアーセナル移籍が確定した。

今週、このケルンのフォワードは(今シーズン16得点)、ガナーズと合意に至った。移籍金は1300万ユーロ近くとされている一方、このドイツ代表選手(26歳、95キャップ、43得点)は週給12万ユーロを手にする。

ドイツ人のペア・メルテザッカーが、ポドルスキの決断に大きな影響を与えたと見られている。

「彼(ポドルスキ)は、情報収集のため、自分に大量のメッセージを送ってきた。そして自分は彼を説得するために全てのことをし、アーセナルは素晴らしいクラブだし、いるべき場所だと彼に伝えた」とこのディフェンダーの選手は説明している。

アーセン・ベンゲルの望みはもはや一つしかない。アーセナルとの契約が一年後に切れるロビン・ファン・ペルシを引き止め、ポドルスキと並べることである。しかしこれは話はまた別である。

Dans les tuyaux depuis quelques semaines, l'arrivée de Lukas Podolski à Arsenal cet été est désormais confirmée. L'actuel attaquant de Cologne (16 buts cette saison) a trouvé un accord avec les Gunners cette semaine. Le montant du transfert avoisinerait les 13 millions d'euros, avec à la clé un salaire de 120 000 euros par semaine pour l'international allemand (26 ans, 95 sélections, 43 buts).

Son compatriote Per Mertesacker aurait grandement influencé sa décision. ≪Il (Podolski) m'a envoyé un tas de messages pour se renseigner, et j'ai tout fait pour le convaincre en lui disant qu'Arsenal est un club incroyable, l'endroit où il faut être≫, a expliqué le défenseur. Désormais, Arsène Wenger n'espère plus qu'une chose, être capable de conserver Robin van Persie, dont le contrat expire dans un an, afin de l'associer avec sa future recrue. Mais ça, c'est une autre histoire.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Podolski-ira-bien-a-arsenal/273759
posted by フランスフット at 16:54 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

負傷したアラン・ジャゴエフのユーロ2012出場が微妙に

L'Equipe(フランス)29/03/2012

"Dzagoev blessé et incertain"
「負傷したアラン・ジャゴエフのユーロ2012出場が微妙に」

先週末のリーグ戦で負傷したCSKAモスクワのアラン・ジャゴエフが、ロシア代表としてユーロ2012に出場できるか微妙になった。

この司令塔の選手(代表28キャップ、5得点)は右足の指を骨折し、水曜、ドイツで手術を受けた。離脱期間は6週間とされている。

Blessé le week-end dernier en Championnat, avec son club du CSKA Moscou, Alan Dzagoev est incertain pour l'Euro avec la Russie. Le meneur de jeu (28 sélections, 5 buts) souffre d'une fracture d'un orteil du pied droit et a été opéré mercredi à en Allemagne. Son absence est estimée à six semaines.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Dzagoev-blesse-et-incertain/273688
posted by フランスフット at 16:26 | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

人員整理を行うアーセナル

SO FOOT(フランス)28/03/2012

"Arsenal va dégraisser"
「人員整理を行うアーセナル」

今年の夏、二人のビッグプレーヤー獲得を目指しているアーセン・ベンゲルだが、アーセナルの予算にとって大きな負担になっている総額2750万ユーロの選手給与を下げる必要に迫られている。

『デイリー・メール』が伝えるところによると、アーセナルの6選手が移籍リストに載せられるという。アンドレイ・アルシャヴィンは週給9万ユーロ。マルアーヌ・シャマフは週給7万ユーロ。そしてセバスティアン・スキラシ、ニクラス・ベントナー、デニウソン、カルロス・ベラはそれぞれ週給6万ユーロを受け取っている。

ガナーズがレンタル選手あるいは全くプレー機会がない選手たちに支払っている金額は相当なものであることは間違いない。

Désireux de recruter deux joueurs majeurs cet été, Arsène Wenger va devoir commencer par s'attacher à réduire une masse salariale qui pèse tout de même 27,5 millions d'euros dans le budget d'Arsenal.

Dans cette optique, le Daily Mail révèle que six joueurs vont être placés sur la liste des transferts : AndreyArshavin qui palpe 90 000 euros par semaine, Marouane Chamakh et ses 70 000 euros hebdomadaires, ainsi que Sébastien Squillaci, Nicklas Bendtner, Denilson et Carlos Vela, qui touchent 60 000 euros chacun, toujours par semaine.

Vrai que le budget argent de poche des Gunners est assez conséquent pour des joueurs prêtés ou qui ne jouent jamais.

ME

http://www.sofoot.com/arsenal-va-degraisser-155133.html
posted by フランスフット at 15:19 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

ドイツサッカー連盟の代表団がアウシュヴィッツを訪問へ

L'Equipe(フランス)27/03/2012

"Une délégation à Auschwitz"
「ドイツサッカー連盟の代表団がアウシュヴィッツを訪問へ」

DFB会長のヴォルフガング・ニールスバッハは、木曜に発売される週刊誌『ユーディッシュ・アルゲマイネ』とのインタビューに応じている。そこでニールスバッハはドイツサッカー連盟の代表団が、ユーロ2012開幕前にアウシュヴィッツ収容所を訪問すると明言している。ユーロ2012は6月8日から7月1日にかけてウクライナとポーランドで開催される。

「今回の訪問は、オマージュを捧げるという意味においてなされるものであり、一般向けの見世物にならないようにとの見解でわれわれは一致した。わたし自身、アウシュヴィッツはすでに訪問したことがあり、わたし自身の経験から、ホロコーストを思い起こすことがいかに大切かわかっている。訪問の日程と詳細については、数週間以内に発表される。」

ニールスバッハは、今月初めにカイザースラウテルンのイタイ・シェヒターが反ユダヤ主義的侮辱を(マインツのファンたちから)受けたことについても見解を述べている。

「反ユダヤ主義に対する戦いは社会、そしてサッカーの世界にいるわれわれ全員にとって根深い問題だ。イタイ・シュヒターがあの状況において示した高貴さと自制心、そしてカイザースラウテルンのファンたちが彼を支えた様子にわたしは感銘を受けた。」

Wolfgang Niersbach, président de la Fédération allemande de football (DFB), a accordé un entretien à paraître jeudi dans l'hebdomadaire Jüdische Allgemeine. Il y précise qu'une délégation de la DFB se rendra au camp d'Auschwitz avant l'Euro 2012, qui se déroule en Ukraine et en Pologne (8 juin-1er juillet) : ≪Nous avons tous convenu que cette visite doit se faire dans le cadre d'un hommage et pas se transformer en spectacle public. Je suis moi-même déjà allé à Auschwitz et je sais de ma propre expérience combien le souvenir de l'Holocauste est important. La date exacte et les différents détails de l'organisation seront annoncés dans les prochaines semaines≫. Niersbach est également revenu sur les insultes antisémites qui avaient visé le joueur de Kaiserslautern Itay Shechter au début du mois : ≪La lutte contre l'antisémitisme est un problème persistant dans la société et pour nous tous dans le football. J'ai été impressionné par la noblesse et la retenue avec lesquelles Itay Shechter a géré la situation. Et comment les fans du FCK l'ont soutenu≫. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Une-delegation-a-auschwitz/273207
posted by フランスフット at 23:50 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラウディオ・ピサーロがバイエルン・ミュンヘンに復帰か?

L'Equipe(フランス)28/03/2012

"Pizarro de retour au Bayern ?"
「クラウディオ・ピサーロがバイエルン・ミュンヘンに復帰か?」

『ビルト』が伝えるところによると、ヴェルダー・ブレーメンのペルー人ストライカー、クラウディオ・ピサーロ(33歳)が、2001年から2007年のあいだにプレーしていたバイエルン・ミュンヘンから接触を受けたという。

二年契約が提示されるとみられており、ブレーメンと2013年6月までの契約を結んでいるピサーロ自身も興味を示したという。

今シーズン、ブンデスリーガ16得点のこのペルー代表選手に対し、クイーンズ・パーク・レンジャーズならびにカタールのクラブも興味を示していると『ビルト』は伝えている。

一方、バイエルン・ミュンヘンのブラジル人センターバック、ブレーノ(22歳)は右ひざを負傷したため今シーズン絶望の状態だが、もうミュンヘンのユニフォームに袖を通すことはない。なぜなら、彼とバイエルンとの契約は3ヵ月後に切れるが、更新されることはないからである。『コリエーレ・デロ・スポルト』が伝えるところでは、ASローマがブレーノに対し本格的に興味を示している。

Selon le quotidien allemand Bild, Claudio Pizarro, le buteur péruvien du Werder Brême (33 ans), aurait été approché par le Bayern Munich, où il a évolué entre 2001 et 2007. Un contrat de deux ans serait dans les tuyaux et le joueur, sous contrat jusqu'en juin 2013, aurait manifesté son intérêt. Auteur de seize buts cette saison en Bundesliga, l'attaquant international intéresserait également les Queens Park Rangers et des clubs qataris, rapporte la même source.

Par ailleurs, le défenseur central brésilien Breno (22 ans), blessé au genou droit et indisponible jusqu'à la fin de la saison, ne portera plus le maillot munichois, puisque son contrat, qui expire dans trois mois, ne sera pas prolongé. Selon le Corriere dello Sport, l'AS Roma aurait plus qu'un oeil sur lui.

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Pizarro-de-retour-au-bayern/273324
posted by フランスフット at 20:30 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

エディン・ジェコを構想外と考えている可能性があるマンチェスターシティ

L'Equipe(フランス)27/03/2012

"City ne voudrait plus de Dzeko"
「エディン・ジェコを構想外と考えている可能性があるマンチェスターシティ」

一ヶ月間得点がないと、噂がたってくる。

2月25日のブラックバーン・ローヴァーズとの試合(3−0)以来得点していないエディン・ジェコが、来シーズン、シチズンズを退団する可能性がある。

今シーズン、プレミアリーグで26試合に出場し(先発出場は15試合)、13得点と、かなりの成績を収めているこのボスニア人だが、『デイリー・メール』が伝えるところによると、今年の夏にはクラブを退団するようにと唆されているようである。

マンチェスターシティに加入してからというもの、2試合につき1得点している彼にとっては厳しい意見である。そしてこのイギリスの新聞は、ジェコがドイツにいる時から追跡しているユヴェントス、そしてレアル・マドリードがジェコに興味を示しているという。

PSGがジェコ獲得を望んでいるという話はないのだろうか?オアロよりはいいと思うのだが。

Un mois sans but, puis les rumeurs.

Muet depuis le 22 février dernier et la victoire de Manchester City face à Blackburn (3-0), Edin Dzekopourrait quitter les Citizens la saison prochaine. Auteur de 13 buts en Premier League en 26 sorties (dont quinze titularisations) cette saison, un bilan tout à fait honorable, le Bosnien pourrait, selon le Daily Mail, être invité à quitter le club cet été.

Dur pour celui qui, depuis son arrivée du côté de City, a scoré une fois tous les deux matchs. Cela étant, le quotidien anglais affirme également que la Juventus, qui suit le joueur depuis ses années allemandes, et leReal Madrid, seraient intéressés par son profil.

Pas de nouvelles du PSG ? Pourtant, ça ferait un meilleur Hoarau.

SB

http://www.sofoot.com/city-ne-voudrait-plus-de-dzeko-155083.html
posted by フランスフット at 22:10 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスティアン・シュヴァインシュタイガーの兄が2012年にバイエルン・ミュンヘンに加入へ

L'Equipe(フランス)26/03/2012

"Un 2e Schweinsteiger en 2012"
「バスティアン・シュヴァインシュタイガーの兄が2012年にバイエルン・ミュンヘンに加入へ」

バスティアン・シュヴァインシュタイガーの兄であるトビアス・シュヴァインシュタイガーが、来シーズン、バイエルン・ミュンヘンに加入する。

しかし現在ヤーン・レーゲンスブルク(ドイツ3部)のキャプテンでありチーム得点王のこの30歳のフォワードの選手は、バイエルンのリザーブチームでプレーすると見られている。

「自分の経験を若い選手に伝えることができればと思う。当然のことだが、ようやくバスティアンと同じクラブでプレーできることになってうれしく思う」とトビアス・シュヴァインシュタイガーはバイエルンのサイト上で語っている。

Tobias Schweinsteiger, le frère ainé de Bastian, rejoindra le Bayern Munich l'an prochain. L'attaquant de 30 ans, actuellement capitaine et meilleur buteur du club de Jahn Regensburg (3e div. allemande) devrait cependant évoluer avec l'équipe réserve du club bavarois. ≪J'espère pouvoir apporter mon expérience aux jeunes joueurs. Et bien sûr je me réjouis de pouvoir jouer enfin avec Bastian dans le même club≫ a-t-il précisé sur le site du Bayern. (Avec AFP)

http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Un-2e-schweinsteiger-en-2012/272918
posted by フランスフット at 00:06 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。