2011年12月31日

パトがマッシミリアーノ・アッレグリ監督を批判

L'Equipe(フランス)27/12/2011

"Pato s'en prend à Allegri"
「パトがマッシミリアーノ・アッレグリ監督を批判」

今シーズン、ACミランで4試合の先発出場に止まっているアレシャンドレ・パトが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督とのコミュニケーション不足を残念がっている。

シーズン序盤は負傷していたパトだが、現在このブラジル人フォワードは完全に回復している。なぜ自分にもはやプレー時間が与えられていないのか、パトは理解できずにいる。

「アンチェロッティはいつも自分のところにやってきて話をし、ピッチ上で自分がすべきことを説明してくれた」と火曜、このブラジル代表選手は『コリエーレ・デロ・スポルト』に語っている。

「アッレグリもこれをやるべきだ。プレーのどの部分を改善しなければならないのか、自分に教えるべきだ。彼とは会話が全くない。なにか気に入らないことがあるなら、自分を批判するのではなく直接自分のところにきて伝える方がいい。一緒に議論すればいい。」



「ミラノを去りパリに到着?」

ACミランと2014年までの契約を結んでいるパトだが、これ以上プレー時間が増えないようなら他所に移籍する可能性がある。パトが愛情を感じているカルロ・アンチェロッティのパリ・サンジェルマン監督就任が間近だが、このことがパトの状況を打開することになるのだろうか?

『ラ・レプッブリカ』が伝えるところによると、パリ・サンジェルマン新オーナーのシェイク・アル・サーニーは、ACミランに5000万ユーロの移籍金と、パトに年俸700万ユーロのオファーを提示する可能性がある。

パリ・サンジェルマンとACミランは1月4日にドバイで親善試合を予定しているが、その際の会合で事態が急展開する可能性がある。

今シーズンのPSGなら、すべてがありえそうな話である。

Titulaire à quatre reprises seulement avec l'AC Milan depuis le début de saison, Alexandre Pato regrette le manque de communication avec son entraîneur Massimiliano Allegri. D'autant que blessé en début de saison, l'attaquant brésilien est aujourd'hui complètement rétabli. Il ne comprend pas pourquoi il ne joue pas plus. ≪Ancelotti venait toujours vers moi et me parlait, m'expliquait ce que je devais faire sur le terrain, raconte mardi l'international auriverde dans le Corriere dello Sport. C'est ce que devrait faire aussi Allegri, m'indiquer dans quels secteurs du jeu je dois améliorer. Avec lui, il n'y a aucun dialogue. Si quelque chose ne lui convient pas, il ferait mieux de venir directement me le dire plutôt que de me critiquer. On en discuterait ensemble≫.

Vers une porte de sortie à Paris ?

Sous contrat avec le club lombard jusqu'en 2014, Pato pourrait aller voir ailleurs s'il n'obtient pas plus de temps jeu. L'arrivée imminente au PSG de Carlo Ancelotti, à l'écouter un entraîneur qu'il affectionne, pourrait-elle débloquer sa situation ? Et faire de lui une énième cible potentielle pour renforcer le club parisien cet hiver ? Selon La Repubblica, le cheikh Al-Thani, nouveau propriétaire du club, proposerait 50 millions d'euros pour recruter l'attaquant du Milan, assorti d'un salaire de sept millions d'euros annuels pour le joueur. Un rendez-vous prévu le 4 janvier à l'occasion d'un amical entre le PSG et le Milan à Dubaï pourrait tout débloquer. Décidément avec Paris cette saison, tout semble possible... - Rédaction

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111227_122711_pato-s-en-prend-a-allegri.html
posted by フランスフット at 01:47 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

プレミアリーグ優勝をあきらめたアンドレ・ヴィラス・ボアス

L'Equipe(フランス)27/12/2011

"Villas-Boas n'y croit plus"
「プレミアリーグ優勝をあきらめたアンドレ・ヴィラス・ボアス」

フローラン・マルーダと同様、アンドレ・ヴィラス・ボアスは今シーズンのプレミアリーグ優勝について悲観的になっている。

このチェルシー監督はそれを隠していない。

「シティとユナイテッドがポイントを重ね続けたら厳しくなるだろう。」

「われわれにとって、プレミアリーグは終了したかもしれない」とこのポルトガル人監督は月曜、ホームでフラム相手にドロー(1−1)に終わった後、『BBC』で語っている。

チェルシーは首位のマンチェスターシティ、マンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点11差である。

Tout comme Florent Malouda, André Villas-Boas se montre pessimiste sur les chances de remporter le titre en fin de saison. L'entraîneur de Chelsea ne le cache pas : ≪Avec City et United qui continuent d'engranger les points, cela va être difficile≫. ≪Peut-être que la Premier League est terminée pour nous≫, a ajouté le coach portugais, sur la BBC, après le nul concédé lundi à domicile face à Fulham (1-1), et qui laisse désormais les Blues à onze points des deux leaders.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111227_162658_villas-boas-n-y-croit-plus.html
posted by フランスフット at 19:58 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試合中にチェチェン共和国警察からリンチされたスパルタク・ゴグニエフがクラブから解雇される

L'Equipe(フランス)27/12/2011

"Rossé, Gogniyev est viré"
「試合中に警察からリンチされたスパルタク・ゴグニエフがクラブから解雇される」

ロシアのいかがわしい話である・・・

11月4日、FCクラスノダールとFCテレク・グロズヌイの両リザーブチームの試合中、スパルタク・ゴグニエフは主審を押したことで退場処分を受けていた(そして彼は6試合の出場停止処分を受けた)。

そしてロッカールームに向かう途中の通路で、ゴグニエフはチェチェン共和国警察官から殴られた。その結果、肋骨と鼻骨を骨折した。そしてFCクラスノダールは彼に契約解除を言い渡したのである!

国際サッカー選手会とロシア選手会はこの事件に関し、FIFAとUEFAに控訴する予定である。

Drôle d'histoire russe... Le 4 novembre dernier, lors d'un match entre les réserves de Krasnodar et de Grozny, Spartak Gogniyev avait été expulsé pour avoir poussé l'arbitre de la rencontre (et avait pris six matches de suspension). Arrivé dans le tunnel pour rejoindre les vestiaires, il avait été passé à tabac par des policiers tchètchènes. Bilan : côtes cassées et nez fracturé. Son club vient de lui apprendre que son contrat était désormais résilié ! La FIFpro et le syndicat des joueurs russes ont pris l'affaire en mains et vont la faire remonter auprès de la FIFA et de l'UEFA.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111227_174426_tabasse-gogniyev-est-vire.html
posted by フランスフット at 19:47 | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

ホッフェンハイムのFWチネドゥ・オバシ・オグブケがシャルケ04にレンタル移籍

L'Equipe(フランス)24/12/2011

"Obasi prêté à Schalke"
「ホッフェンハイムのFWチネドゥ・オバシ・オグブケがシャルケ04にレンタル移籍」

土曜、シャルケ04はホッフェンハイム所属のナイジェリア人、チネドゥ・オバシを買い取りオプション付きのレンタルで獲得したと公式に発表した。

シャルケ04のゼネラルマネージャー、ホルスト・ヘルトの言葉によると、この25歳の選手は「才能ある素早いフォワード」である。

オバシは2月16日と23日に予定されているヨーロッパリーグベスト32のヴィクトリア・ピルゼニとの試合に出場できる。

選手数を考えると、このナイジェリア代表選手(17試合に出場し2得点)はペルー人のジェフェルソン・ファルファンの代役にあたる。ファルファンは11月にペルー代表で左ひざの靭帯を大怪我した。そしてファルファンとシャルケ04の契約は2012年6月に切れる。

Schalke 04 a officialisé samedi l'arrivée en prêt avec option d'achat du Nigérian d'Hoffenheim Chinedu Obasi, 25 ans, ≪un attaquant rapide de talent≫ selon le manager général de Schalke, Horst Heldt. Obasi sera qualifié pour les matches de Ligue Europa qui attendent son nouveau club, à commencer par un 16e de finale contre les Tchèques de Viktoria Plzen les 16 et 23 février. L'international (17 sélections, 2 buts) remplace numériquement le Péruvien Jefferson Farfan, sévèrement touché au ligament interne du genou gauche avec sa sélection en novembre et dont le contrat s'achève en juin prochain.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111224_172613_obasi-prete-a-schalke.html
posted by フランスフット at 02:18 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガスプロムがバイエルン・ミュンヘンのスポンサーへ?

L'Equipe(フランス)23/12/2011

"Gazprom futur sponsor ?"
「ガスプロムがバイエルン・ミュンヘンのスポンサーへ?」

ガスプロムはシャルケ04の後、バイエルン・ミュンヘンのスポンサーになることを検討している。

木曜『ジュートドイチェ・ツァイトゥング』が伝えるところによると、このロシアの巨大ガス会社のオーナー、アレクセイ・ミラーと、ブンデスリーガ前半戦首位のチームの会長と取締役、カール・ハインツ・ルンメニゲとウリ・ヘーネスが水曜、ミュンヘンで会談し、契約の可能性について議論したという。

ガスプロム、バイエルン・ミュンヘンの両者は、この情報に関して公式のコメントを発表していない。

Après Schalke 04, Gazprom envisage de sponsoriser le Bayern Munich. Selon le Süddeutsche Zeitung paru jeudi, une rencontre a eu lieu mercredi dans la capitale bavaroise entre le patron du géant russe gazier, Alexej Miller, et les présidents du directoire et du conseil de surveillance du club leader du Bundesliga à la trêve, Karl-Heinz Rummenigge et Uli Hoeness, pour discuter d'un possible engagement russe. Officiellement, ni Gazprom, ni le Bayern Munich n'ont commenté cette information.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111222_091415_gazprom-futur-sponsor.html
posted by フランスフット at 02:05 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察官を侮辱したウディネーゼのパブロ・アルメロ

SO FOOT(フランス)23/12/2011

"Armero insulte des flics"
「警察官を侮辱したウディネーゼのパブロ・アルメロ」

試合数過多、疲労過多、プレッシャー過多。そしてある時、ぷっつり切れてしまう人たちも一部いる。

水曜のウディネーゼ対ユヴェントスの試合後、ウディネーゼのフランチェスコ・グイドリン監督は、試合数が多すぎるとし、過密スケジュールだと訴えていた。そして「選手たちにとっては非人間的(な状況)だ」とコメントしていた。

このコメントが影響力を持つことになると、彼は思ってもいなかっただろう。ウディネーゼの左サイドバック、パブロ・アルメロは、プレッシャーが多少落ち着くなり、とんでもないことをしでかしたのである。

このコロンビア人選手は朝の5時、警察に逮捕された。明らかな酩酊状態で自分の車を飛ばしていたからである。しかし後が悪かった。この選手はアルコール検知を拒否。そして警察を脅し、侮辱したのである。さらに、そのとき車に乗り合わせていた20歳のルーマニア人女性(アルメロは朝の5時に20歳のルーマニア人女性と一体何をやっていたのだろう?)が事態を悪化させた。彼女は警察に50ユーロの袖の下を渡そうとしたのである。

という次第で、この二人はウーディネの警察署まで同行。これからちょっとした取調べが行われることになる。

アルメロが今後すぐに運転できるかは確かではない。しかしバスもまたいいものである。

Trop de matches, trop de fatigue, trop de pression : au bout d’un moment, certains craquent.

Mercredi, au terme de la rencontre entre l’Udinese et la Juventus, Francesco Guidolin s’était plaint du trop grand nombre de rencontres disputées par son équipe en quelques jours, affirmant que c’était ≪ inhumain pour les joueurs ≫. Il ne croyait pas si bien dire. Pablo Armero, son latéral gauche, a fait n’importe quoi dès que la pression est un peu retombée.

Le Colombien a été arrêté par la police à 5h du matin au volant de sa voiture dans un état certain d’ébriété. Pire : le joueur a refusé de se soumettre à l’alcotest, et a ensuite menacé et insulté les forces de l’ordre. La passagère de la voiture, une Roumaine de 20 ans (que foutait Armero avec une Roumaine de 20 ans à 5h du matin ?), a aggravé la situation, en tentant de filer un pot-de-vin de 50 euros aux carabiniers.

Les deux ont donc été signalés à la police de la ville d’Udine et une petite enquête devrait suivre son cours. Pas sûr qu’Armero puisse reconduire de si tôt. Le bus, c'est bien aussi.
EM

http://www.sofoot.com/armero-insulte-des-flics-151298.html
posted by フランスフット at 02:00 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八百長を告発したらイタリア代表に選ばれることになったセリエBの選手

SO FOOT(フランス)23/12/2011

"Il dénonce, il va en Nazionale"
「八百長を告発したらイタリア代表に選ばれることになったセリエBの選手」

彼の名前はシモーネ・ファリーナ。今週になるまで彼のことを知っている人はほぼ誰もいなかった。

しかし数週間後、彼はイタリア代表のユニフォームを着ることになるのだ。その理由とは?

シモーネ・ファリーナはセリエBのグッビオでプレーしている。今週、彼は元チームメートのアレッサンドロ・ゼンペリーニを告発した。9月末、ゼンペリーニは、ファリーナを買収しコッパ・イタリアのチェゼーナ対グビッオの試合のスコアを操作しようと、彼に20万ユーロをもちかけた。しかしファリーナはそれを拒否。そしてこの買収未遂事件を告発することにしたのである。

今回の告発により、イタリアの非合法賭博に関する『ラスト・ベット』捜査第二幕が切って落とされた。そして感謝の気持ちとして、イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリは次のアメリカ代表との親善試合にファリーナをイタリア代表初(そしておそらくは彼にとって最初で最後の)招集をプレゼントすることにした。

「わたしは彼の行動を評価している。大きな勇気と見事な精神力を証明するものだ。われわれは彼のことを見捨てはしない。あのような行為は簡単なことではないからだ」とプランデッリは語っている。

しかし注意が必要である。いつかイタリア代表は全員セリエBの選手たちになっているかもしれない・・・

Il s’appelle Simone Farina. Personne, ou presque, ne le connaissait avant la semaine qui vient de s’écouler.

Et pourtant, dans quelques semaines, il portera le maillot de la Squadra Azzurra. Explications.

Simone Farina joue à Gubbio, en Serie B italienne. Cette semaine, il a dénoncé son ancien coéquipier, Alessandro Zemperini, qui lui avait offert 200 000 euros à la fin du mois de septembre pour corrompre des joueurs et truquer le score du match Cesena-Gubbio, en Coupe d’Italie. Farina avait refusé, et a donc décidé de dénoncer cette tentative de corruption.

C’est cette dénonciation qui a permis aux enquêteurs de lancer la deuxième phase de l’enquête "Last Bet" sur les paris clandestins en Italie. Du coup, en signe de reconnaissance, Cesare Prandelli, le sélectionneur italien, a décidé d’offrir à Farina sa toute première convocation (et probablement la seule) en équipe d’Italie, pour le prochain match amical contre les Etats-Unis. ≪ J’ai aimé ce qu’il a fait, cela prouve un grand courage et une force intérieure extraordinaire. A présent, c’est à nous de ne pas l’abandonner car un tel geste n’est pas simple ≫ a affirmé le c.t.

Attention : on commence comme ça, et on va se retrouver avec toute la Serie B en équipe nationale…
EM

http://www.sofoot.com/il-denonce-il-va-en-nazionale-151315.html
posted by フランスフット at 01:55 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

ハルク獲得を狙うパリ・サンジェルマン

L'Equipe(フランス)23/12/2011

"PSG : Et maintenant Hulk"
「ハルク獲得を狙うパリ・サンジェルマン」

『レキップ』情報。PSGはテベス獲得に失敗した時に備えて、ハルク獲得を狙っている。ACミランもテベス獲得を狙っている。

『レキップ』の情報によると、テベスがACミランを選んだ時に備えて、パリ・サンジェルマンはこのポルトのブラジル人フォワード獲得を再び狙う可能性があるという。PSGはすでに今年の夏、ハルクに接近していた。

またPSGは、リールからマンチェスターシティに移籍しようとしている若手ベルギー人天才選手、エデン・アザール獲得も検討している。

Info L'Équipe. Le PSG songerait à recruter Hulk, en cas d'échec sur le dossier Tévez, également dans le viseur de l'AC Milan. Selon nos informations, le club pourrait revenir à la charge sur l'attaquant brésilien de Porto, déjà approché l'été dernier, si l'Argentin préférait répondre aux sirènes italiennes. Toujours au rayon arrivées, le PSG réfléchit à l'idée de lancer une offensive sur Eden Hazard, de peur de voir le prodige belge de Lille filer à Manchester City.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111223_094952_psg-et-maintenant-hulk.html
posted by フランスフット at 02:24 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジロンダン・ボルドー会長がデヴィッド・ベッカムのパリ・サンジェルマン加入を皮肉る「ベッカムがフランスで税金を払ってくれることを期待したい」

20 minutes(フランス)22/12/2011

"Jean-Louis Triaud: ≪J'espère que Beckham payera ses impôts en France≫"
「ジロンダン・ボルドー会長ジャン・ルイ・トリオー『ベッカムがフランスで税金を払ってくれることを期待したい』」

木曜、ジロンダン・ボルドー会長ジャン・ルイ・トリオーは、記者団に対し、デヴィッド・ベッカムがパリ・サンジェルマンに加入すると見られていることについて語った。

「ベッカムがパリに加入しようがどうでもいい話だ。それがパリの人たちを喜ばせることなら、それはよかったですねというまでだ。それがビジネス、スポーツ、政治の世界であろうと、あるイベントがあると過剰にメディアで取り上げたがるのはいつものことだとわたしは分かっている。

このオファー、そしてベッカムがパリで受け取る給料に人々がショックを受けるのは理解できる。しかしその一方、これはカタールからのお金であり、彼が支払う社会的負担のおかげでフランスの社会保障が救済されることになる。そしてこれはわたしが期待していることだが、彼がフランスで税金を支払えば国家は大金を手にすることができる。それに彼は金遣いが荒いということで、パリのブティックで大金をばら撒くだろうが、それはフランスの商売を活性化させることになる。

スポーツの面に関して言えば、彼についてのわたしの記憶はかなり古いものになる。偉大な選手だが、残念なことに彼はだれもと同じように、年齢的な限界に達している。」

Mis à jour le 22.12.11 à 12h43
Jeudi, devant la presse, le président bordelais Jean-Louis Triaud est revenu sur la probable arrivée deDavid Beckham dans la capitale: ≪Je m'en fous de Beckham à Paris. Si ça leur fait plaisir, tant mieux pour eux. Je sais qu'on a toujours envie de surmédiatiser l'arrivée d'un évènement, que ce soit dans une entreprise, en sport ou en politique.
Je comprends que les gens puissent être choqués par l'offre et le salaire que pourra percevoir Beckham à Paris. Mais d'un autre côté, je me dis que c'est de l'argent qui arrive du Qatar, que les charges sociales qu'il va payer vont servir à renflouer la sécurité sociale en France, que l'état, s'il paye ses impôts en France, ce dont j'espère, va en récupérer un gros paquet, et s'il est dépensier, il lâchera beaucoup d'argent dans les boutiques à Paris et fera vivre le commerce français.
Sur l'aspect sportif, le souvenir que j'ai de lui est un souvenir est assez ancien. Ca reste un grand joueur mais malheureusement et comme tout le monde, il est atteint par la limite d'âge.≫

http://www.20minutes.fr/ledirect/847027/jean-louis-triaud-j-espere-beckham-payera-impots-france
posted by フランスフット at 02:13 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

バルセロナのセイドゥ・ケイタが2012年6月にACミランに移籍か?

L'Equipe(フランス)22/12/2011

"Keita (Barça) au Milan en juin ?"
「バルセロナのセイドゥ・ケイタが2012年6月にACミランに移籍か?」

スペインの日刊紙『Sport』が伝えるところによると、セイドゥ・ケイタ(1月に32歳)が今シーズン終了後バルセロナを退団し、ACミランに加入するという。

このマリ代表選手は2008年からバルセロナに所属しているが、ACミラン幹部のアドリアーノ・ガリアーニに、すでに口頭で合意を示したという。

ケイタはバルセロナと2014年までの契約を結んでいるが、シーズン中、ある一定数の試合に出場しなければ退団できるという契約条項を行使する可能性がある。

Selon le quotidien espagnol Sport, Seydou Keita (32 ans en janvier) serait en partance du Barça pour l'AC Milan en fin de saison. L'internationa malien, en Catalogne depuis 2008, aurait même déjà donné son accord verbal à Adriano Galliani, l'administrateur délégué du club lombard. Bien qu'il soit encore lié aux Blaugrana jusqu'en 2014, l'ancien Lensois et Marseillais ferait valoir une clause dans son contrat qui l'autorise à partir s'il n'a pas disputé un certain nombre de matches dans l'année.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111222_213206_keita-barca-au-milan-en-juin.html
posted by フランスフット at 07:19 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。