2011年10月30日

不安漂うジブリル・シセ

SO FOOT(フランス)27/10/2011

"Cissé en plein doute"
「不安漂うジブリル・シセ」

Djibril Cissé in the match Lazio - Catania.jpg

(写真:sports.yahoo.com

ジブリル・シセの調子が一変した。

ヒーローとしてローマに到着したこのラツィオのフランス人だが、苦しい時期を経験している。

この元パナシナイコスのストライカーは、9月15日以来得点を決めていない。そして昨日(10月26日)、シセは初めて途中交代を命じられた。

「苦しい時期を経験しているが、これが自分を苛立たせている」とシセは試合後ツィッター上で書いている。

一方、昨日行われたカターニアとの試合中、ラツィオのティフォージはチャントを繰り返しシセをサポートしていた。

「サポートありがとう。この状況はすぐに変わると約束します」とその夜シセは書いている。

ピッチを去る際、シセの目は怒りに溢れており、彼はシャワールームに直行した。彼はその態度をすぐに後悔している。

「自分自身に対して激怒していた。しかしピッチを出る時に挨拶しなかったことに関してはティフォージに謝りたい」とシセは試合終了後に語っていた。

ラツィオ監督のエドアルド・レヤは心配していない。シセは厳しい時期を経験しているが、これは一時的なものだとレヤは分かっている。

「彼は全試合に出場していたことのツケを払っている最中だ。しかし彼には大きな爆発力がある。彼がまた得点を決めてくれるとわたしは今も思っている。しかし彼には休むことが必要かもしれない」とレヤは話している。

シセに以下のことが予告された。日曜夜のカリアリでの試合、シセはベンチスタートかもしれないということである。予告されたからには、不満を表情に出すこともないだろう。

Djibril Cissé a déchanté.

Arrivé à Rome en véritable héros, le Français de la Lazio est en train de vivre un moment difficile. L’ancien buteur du Pana ne marque plus depuis le 15 septembre et, hier, pour la première fois, il a été remplacé en cours de match. ≪Je suis en train de vivre un moment difficile et cela m’énerve ≫ a-t-il écrit après la rencontre sur Twitter.

Pourtant, pendant la rencontre, hier soir face à Catane, les tifosi biancocelesti l’ont soutenu avec de nombreux chants. ≪ Merci pour le soutien, laziali. Je vous promets que cette situation changera bientôt ≫ a-t-il rédigé un peu plus tard dans la soirée. Lors de sa sortie du terrain, Djibril, les yeux plein de colère, est allé directement à la douche. Une attitude qu’il a immédiatement regrettée. ≪J’étais furieux envers moi-même. Mais je dois m’excuser envers les tifosi pour ne pas les avoir salué en sortant ≫ a-t-il assuré après le coup de sifflet final.

Edy Reja, son coach, ne se fait pas de soucis. Il sait que son Lion Noir traverse un moment difficile, mais temporaire. ≪ Il est en train de payer le fait qu’il ait joué tous les matches. Mais il a une grande force explosive et j’espère toujours qu’il va débloquer son compteur. Même s’il aurait peut-être besoin d’un tour de repos ≫ a-t-il déclaré.

Cissé est prévenu : dimanche soir, à Cagliari, il pourrait bien débuter sur le banc. Et sans faire la grimace.

EM

http://www.sofoot.com/cisse-en-plein-doute-149234.html
posted by フランスフット at 21:12 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サミュエル・エトオ「アンジは自分の才能に見合った給料を払っている」

SO FOOT(フランス)26/10/2011

"Eto’o : ≪ Anzhi me paie à ma juste valeur ≫"
「サミュエル・エトオ『アンジは自分のプレーの価値に見合った給料を払っている』」

サミュエル・エトオはロシアを気に入っている。しかし彼がもっと気に入っているのは給料である。

日頃からショッキングな発言をするエトオだが、ロシアで引退生活を送っているこのカメルーン人選手は世間から忘れられたくないと思っている。

『CNN』でエトオはアンジ移籍について振り返っている。

「ケリモフ(アンジ・マハチカラ会長)からコンタクトがあって、ビッグクラブをつくりたいと言ってきた。プロジェクトの成功のためには自分のことが必要だと彼は考えてくれた。」

ここまでは問題ない。しかしこの不屈のライオンは以下のように明言している。

「アンジはいい条件の魅力的な契約を提示してきたから、すぐに合意に至った。」

これからが本題である。

ダゲスタン共和国に移って以来エトオには批判の嵐が吹き荒れているが、彼は気にもしていない。

「まわりの人たちが自分の給料について考えていることなんてクソ食らえだ。働いて自分の価値に見合った分の報酬を受けたいとだれもが考えていると自分は思う。アンジは自分の才能のレベルに見合ったオファーを出した。」

つまりサミュエル・エトオは年俸2000万ユーロを要求したが、常軌を逸した額では全くないということである。

そして最後に一言。

「わずかな給料で働きたい人などいない。路上生活をすることになるからだ。」

サミュエル・エトオは、厚かましくも自分が路上生活する姿を想像している。

ロシアの最低賃金は月額548ユーロである。そしてサミュエル・エトオはその3600倍の給料を受け取っている。

Samuel Eto’o se plaît en Russie. Mais ce qu'il préfère, c'est son salaire.

Habitué des déclarations chocs, le Camerounais ne veut pas se faire oublier pendant sa retraite russe. Pour CNN, il revient sur son transfert à Anzhi : ≪Kerimov (le propriétaire du club) m’a contacté pour me dire qu’il voulait construire une grande équipe. Il a pensé à moi pour porter son projet ≫. Jusqu'ici tout va bien. Mais le lion indomptable précise : ≪ Ils m’ont proposé un bon contrat et de bonnes conditions de sorte qu’on trouve rapidement un accord ≫. On y vient.

Le meilleur reste à venir. Les critiques pleuvent sur lui depuis son départ pour le Daguestan mais il s’en tape : ≪ Je me fous de ce que les gens pensent de mon salaire. Je pense que nous voulons tous travailler et être rétribués selon notre valeur et l’Anzhi m’a fait une offre au niveau de mon talent ≫. Samuel Eto’o vaudrait donc ses 20 millions par an. Rien d’extravagant.

And last but not least : ≪ Personne ne veut travailler pour un moindre salaire, sinon, on se retrouve à la rue ≫. Oui Samuel Eto’o ose imaginer qu’il pourrait être à la rue.

Le salaire minimum en Russie est de 548 euros. Samuel Eto’o touche 36 000 fois plus.
CG

http://www.sofoot.com/eto-o-anzhi-me-paie-a-ma-juste-valeur-149216.html
posted by フランスフット at 20:21 | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

クラブマスコットを殴りつけた男

SO FOOT(フランス)28/10/2011

"Il frappe la mascotte de son club"
「クラブマスコットを殴りつけた男」

Oldham Athletic mascot Chaddy the Owl.jpg

(フクロウのチャディー:menmedia.co.uk

マスコットの中はどうなっているの?

老若男女を問わず世界中のファンの多くが、一度はこの質問をしただろう。しかし答えはいつだって返ってこなかった。

しかし少しの本当に偶然のチャンス、そして事の成り行きのおかげで、イングランド3部に所属する小さなクラブ、オールドハム・アスレティックのサポーターたちは答えをつかんだのである。

昨日、そのオールダム・アスレティックAFCのクラブマスコット、フクロウのチャディーは子どものファンと一緒に写真のポーズをとっていた。しかしそのとき、フクロウのチャディーは、明らかに不満げな様子の一人のサポーターからいきなり顔を思いっきり殴られたのである。

マスコットの中に入っていたウェイン・ハーストは、明らかにショックを受けた様子だったが、『マンチェスター・イブニング・ニュース』にその時の気持ちを打ち明けている。

「一人のファンと一緒に写真のポーズをとっていたとき、あの男が自分の方に向かってくるのが目に入りました。彼が殴りつけてきたとき、自分はさっぱりわけが分かりませんでした。まあ彼は自分を殴ったのです。その後、彼は友だちグループと一緒に立ち去り、バーに行ってしまいました。まだ自分はよかったのですが、この子どものファンはショックを受けてしまいました。(マスコットを殴った)彼がクラブから追放されないよう自分は願っています。自分たちには、できるだけ多くのファンが必要ですから。」

このフウロウは根に持たない性格である。

Mais qui se cache sous la mascotte ?

Cette question, la plupart des fans du monde entier, adultes ou enfants, se la sont posés un jour ou l’autre, sans jamais avoir la réponse. C’est donc grâce à une chance inouïe, un peu, et par la force des choses, beaucoup, que les supporteurs de la modeste équipe de troisième division anglaise, le Oldham Athletic.

Hier, alors que la mascotte du club, Chaddy le hibou, posait avec un jeune fan pour une photo, elle a soudainement été frappée en pleine tête par un supporteurs visiblement mécontent. Wayne Hurst, l’homme sous le costume, visiblement choqué, a confié ses impressions au Manchester Evening News : ≪ Je posais pour une photo avec un fan quand, dans le coin de mes yeux, j’ai vu ce mec se diriger vers moi. Je n’avais pas compris qu’il viendrait me frapper. C’est ce qu’il a fait. Ensuite, il est juste reparti avec un groupe de potes, pour aller dans un bar. J’allais plutôt bien, mais le petit était choqué. Je ne veux pas qu’il soit banni, nous avons besoin du maximum de fans possibles ≫.

Pas rancunier le hibou.

SB

http://www.sofoot.com/il-frappe-la-mascotte-de-son-club-149259.html
posted by フランスフット at 20:15 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラニエリとペナルティ

SO FOOT(フランス)28/10/2011

"Ranieri et les pénaltys"
「ラニエリとペナルティ」

現在インテルはある問題を抱えている。この問題は、ゴールラインから11メートルの距離のところにある。

セリエA第8節を終えて、インテルに対し5回ペナルティの笛が吹かれた。これは多すぎるとマッシモ・モラッティは考えている。このインテル会長は、陰謀論を持ち出すのではなく、むしろ「偶然の結果だろう」だと話している(皮肉か?)。

ユヴェントスとの試合を控え、インテル監督のクラウディオ・ラニエリは記者会見で記者の質問に答えている。当然のことながら、最初に飛んできた質問はこのペナルティの問題についてだった。ラニエリは議論を巧みにかわしている。

「わたしは心配していない。なぜならこのペースでいくと、シーズン終了時にはわれわれに対し25回ペナルティの笛が吹かれることになるからだ。よって必然的にこの「トレンド」は変わっていくはずだ。ここ近年をみても、8試合でこれだけの数のペナルティの笛を吹かれたのはパルマとローマだけだ。今後審判たちはもっと注意してくれるとわたしは確信している」とラニエリは断言している。

明日の夜、インテルにPKが与えられる倍率は『Bwin』でいくら?

Actuellement, l’Inter a un problème. Et ce problème se trouve à 11 mètres de la ligne de but.

En effet, lors des 8 premières journées de championnat, 5 pénaltys ont été sifflés contre l’Inter. Beaucoup trop, selon son président, Massimo Moratti, qui préfère parler de ≪ coïncidence ≫ (ironiquement ?) plutôt que d’invoquer le complot.

A quelques heures d’affronter la Juventus, l’entraîneur, Claudio Ranieri, a répondu aux questions des journalistes en conférence de presse. Evidemment, la première question est en rapport avec ce problème de pénaltys. Ranieri préfère esquiver la polémique. ≪ Je ne suis pas préoccupé parce qu’avec une telle moyenne, à la fin de la saison, cela ferait 25 pénaltys contre nous. Donc, forcément, le "trend" va devoir changer. Lors des dernières années, il n’y a que Parme et la Roma qui aient subi autant de pénaltys en 8 matches. Je suis persuadé que les arbitres seront désormais plus attentifs ≫ a-t-il assuré.

A combien la côte Bwin pour un pénalty en faveur de l’Inter, demain soir ?
EM

http://www.sofoot.com/ranieri-et-les-penaltys-149273.html
posted by フランスフット at 20:05 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローマ市長とオリンピアちゃん

SO FOOT(フランス)28/10/2011

"LE MAIRE DE ROME ET OLYMPIA"
「ローマ市長とオリンピアちゃん」

Gianni Alemanno and Lazio's mascot eagle  Olympia.png

(写真:SO FOOT

ローマ市長のジャンニ・アレマンノは、退屈していても、バス専用レーン設置について議論することはない。

それよりも、彼はラツィオの練習を見学するほうを選んだ。つまり(ラツィオの練習グラウンドがある)フォルメッロでの自分の人気の度合いを見てみたいということである。

ラツィオ会長のクラウディオ・ロティート、選手たち、監督、さらには(そしてとりわけ)クラブマスコットイーグルのオリンピアちゃんと対面するにはいい機会である。

市長が黄色いくちばしをした新ガールフレンドと写真に収まるにはうってつけの機会だったのは当然のことである。その様子は「イーグルなんか怖くないぞ」と言わんばかりである。

(パリ市長)ベルトラン・ドラノエが(パリ・サンジェルマンのマスコットの)ジェルマン・ル・リンクスと肩を組むのはいつだろうか?

Javier-Pastore-Germain-Le-Lynx.jpg

(ハビエル・パストーレとジェルマン・ル・リンクス:passeenprofondeur.fr

Lorsqu'il s’embête, le maire de Rome, Gianni Alemanno, ne planche pas sur la construction de nouveaux couloirs de bus.

Non. Lui préfère aller assister à l’entraînement de la Lazio Rome, histoire de tester un peu se popularité du côté de Formello. L’occasion de rencontrer le président Claudio Lotito, les joueurs, l’entraîneur, mais aussi (et surtout), Olympia, l’aigle-mascotte du club.

Evidemment, l’occasion était parfaite pour faire quelques clichés du maire et de sa nouvelle copine à bec jaune, sur le mode ≪ même pas peur de l’aigle ≫.

A quand Bertrand Delanoë avec Germain le Lynx sur le bras ?

EM

http://www.sofoot.com/photo-le-maire-de-rome-et-olympia-149255.html
タグ:ラツィオ
posted by フランスフット at 02:47 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サスペンスに満ちたガットゥーゾのキャリア

SO FOOT(フランス)26/10/2011

"La carrière de Gattuso en suspens"
「サスペンスに満ちたガットゥーゾのキャリア」

Gattuso battles with eye problem.jpg

(写真:sports.fr

ジェンナーロ・ガットゥーゾが、ACミランのユニフォームを着ていつものように1試合で27km走り回る姿をまた見ることができるのだろうか?

確かなことは何も言えない。

先月9月9日のこと。ガットゥーゾが最後にプレーしたラツィオ戦は「地獄だった」と彼自身が告白している。

その試合の数日前、ガットゥーゾはクラブドクターに、目に問題を抱えていると伝えた。そしてドクターはプレーは控えるようにとガットゥーゾに助言した。しかしこの警告にガットゥーゾは従わなかった。

その結果?ガットゥーゾはピッチ上でズラタン4体を目にし、混乱したのかネスタと衝突。そしてわずか試合開始20分後にピッチを去ったのである。

Gattuso plays against Lazio.jpg

(写真:acmilan.com

このイタリア人ミッドフィルダーは検査を受けた。そして第6脳神経麻痺が判明し、それが左目に影響を与えていることが分かった。

クラブドクターのロドルフォ・タヴァーナは以下のように語っている。

「腫瘍でもないし、神経変性疾患でもない。2ヶ月から6ヶ月ほど経過を見守らなければならないが、自然と普通の状態に戻る可能性がある。」

2ヶ月から6ヶ月というと、ガットゥーゾにとっては永遠も同然である。しかしこのACミランのミッドフィルダーは闘争心を失っていない。

「自分は見えない敵と戦っているが、自分を倒すためにはまだほかのものが必要だろう。この4、5日間で回復傾向があった。ラツィオ戦の後、自分にはものが三重に見えたが、いまは二重だ。」

ペルージャ、そしてガスコインと出会ったグラースゴー・レンジャーズなどに所属してきたガットゥーゾは、小さい時から規格外の気質を育んできた。ヨーロッパの攻撃的ミッドフィルダーたちを再び追い回すために、彼が全力を尽くすのは間違いない。

Gattuso at Glasgow Rangers.jpg

(写真:gazzetta.it

「リンギオ」には全力を尽くすための理由がある。

「自分は予定よりも二ヶ月早く生まれた。生まれたとき自分の体重は1,3キロだった。戦って生きること、これが自分の運命だ。」

ガットゥーゾが引退するとき、フットボール界は彼の引退を惜しむことだろう。

Reverra-t-on Gennaro Gattuso courir ses 27 km habituels en match sous les couleurs du Milan AC ?
Rien n’est moins sûr. Son dernier match le 9 septembre, contre la Lazio a été ≪un enfer ≫, comme il le confesse lui-même. Quelques jours avant la rencontre, il informe le médecin du club qu'il est victime de problèmes de vue. Lequel lui conseille de ne pas jouer. Avertissement que Gennaro ne suit pas. Résultat ? Il voit quatre Zlatan sur la pelouse, percute Nesta dans un moment d’égarement et sort au bout de 20 minutes de jeu seulement.

Le milieu de terrain italien se soumet à des examens médicaux qui révèlent une paralysie du 6ème nerf crânien, affectant l’œil gauche. Rodolfo Tavana, le médecin du club, rassure : ≪ Il n’y a ni forme tumorale, ni forme neurologique dégénérative. Il faut attendre entre deux et six mois pour voir l’évolution de la situation, qui pourrait revenir à la normale spontanément ≫.

Entre deux et six mois, une éternité pour Gattuso. Mais, le milieu lombard ne désarme pas : ≪ Je combats un ennemi invisible mais il faudra autre chose pour m’abattre. Durant ces quatre ou cinq derniers jours, il y a eu une amélioration. Je voyais triple après le match contre la Lazio, maintenant je vois double≫.

Passé par Pérouse et Glasgow notamment, où il a côtoyé Gascoigne, le Calabrais cultive depuis son plus jeune âge un tempérament hors du commun et nul doute qu’il fera tout pour revenir hanter les esprits des milieux offensifs d’Europe. ≪ Ringhio ≫, soit ≪ grognement ≫, son surnom, en a vu d’autres : ≪ Je suis né avec deux mois d’avance et, à ma naissance, je pesais 1,3 kilo. J’ai lutté pour ma vie, c’était mon destin ≫.

Sa fin de carrière serait une bien mauvaise nouvelle pour le football.
CG

http://www.sofoot.com/la-carriere-de-gattuso-en-suspens-149194.html
posted by フランスフット at 01:48 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン・ミュンヘン戦のチケットを買い求めようと必死になるナポリのティフォージ

SO FOOT(フランス)27/10/2011

"FILE D’ATTENTE AU SAN PAOLO"
「スタディオ・サン・パオロでの行列」

Napoli tifosi.png

(写真:SO FOOT

暴動が起こったのか?試合後の衝突か?

この信じられないような様子は何かというと、ナポリのティフォージが、来週行われるミュンヘンでのアウェーゲームのチケットを手に入れようと必死になっている光景である。

チャンピオンズリーグのバイエルン戦のチケットとして、2500枚が販売された(インターネットでは500枚)。しかしこれはあまりにも少なすぎた。7000人のサポーターたちが、バイエルンに行きたがっていたのだから。

その結果、スタディオ・サン・パウロの周辺で混乱が生じたのである。このカオスが拡大しないようにと、警察が出動するに至った。

何ですって?ナポリでは法を遵守しろと言っても、犬に論語ですって?おそらくそうだろう。

Une émeute ? Des échauffourées d’après-match ? Pas du tout.

Ces images assez incroyables sont tout simplement celles des tifosi napolitains essayant désespérément d’acheter un billet pour le déplacement à Munich, la semaine prochaine. 2500 billets pour le match de C1face au Bayern ont été mis en vente (et 500 de plus sur Internet). Trop peu, pour les 7000 supporters qui souhaitent faire le voyage jusqu’en Bavière.

Du coup, devant le stade San Paolo, c’était la cohue. Les policiers ont même dû intervenir pour éviter que le chaos général ne se répande. Quoi ? Essayer de faire la loi à Naples, c’est comme pisser dans un violon ? Peut-être ouais.

EM

http://www.sofoot.com/photo-file-d-attente-au-san-paolo-149245.html
posted by フランスフット at 00:50 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

カカがブラジル代表に復帰

L'Equipe(フランス)27/10/2011

"Kaka de retour en Seleçao"
「カカがブラジル代表に復帰」

Kaka in World Cup 2010 QF Brazil - Holland.jpg

(写真:blaisap.typepad.fr

木曜、ブラジル代表監督のメノ・メネゼスは、11月10日と14日に予定されているガボン、エジプトとの国際親善試合に向けた23人の召集選手リストを発表した。

レアル・マドリードのリッキー・カカが久々の代表復帰を飾った。カカは2010年7月のワールドカップ準々決勝・オランダ戦(2−1)以来、セレソンのユニフォームを着ていなかった。

つまり活躍を続けているこのバロンドール2007にご褒美が与えられたことになる。カカはここ二年間故障に苛まされ、あらゆる苦しみを味わっていた。

また召集されなかった選手たちにもふれておかなければならない。メネゼス監督は、最近評判がいいロナウジーニョ、そしてACミランのロビーニョとパトを呼ばないという決断を下している。

(国際親善試合ブラジル対ガボン、ブラジル対エジプトに向けた召集メンバー)

Neto, Diego Alves, Daniel Alves, Fbio, Thiago Silva, David Luiz, Luisão, Marcelo, Adriano, Alex Sandro, Lucas Leiva, Sandro, Fernandinho, Elias, Hernanes, Luiz Gustavo, Kaka, Dudu, Bruno César, Willian, Jonas, Kleber

Le sélectionneur du Brésil, Mano Menezes, a divulgué ce jeudi une liste de 23 joueurs pour les matches amicaux face au Gabon et à l'Egypte les 10 et 14 novembre prochains. A noter le grand retour du joueur du Real Madrid Ricky Kaka, qui n'avait plus porté le maillot auriverde depuis le quart de finale de Coupe du monde perdu face aux Pays-Bas le 2 juillet 2010 (2-1). Une juste récompense pour le Ballon d'Or 2007 qui enchaîne les bonnes prestations après avoir eu toutes les peines du monde à relancer une carrière minée par les pépins physiques depuis deux ans. Quelques absences remarquées également puisque Menezes a décidé de se passer des services de Ronaldinho, pourtant revenu en odeur de sainteté ces derniers temps, et des deux joueurs du Milan AC, Robinho et Pato.

Le groupe : Neto, Diego Alves, Daniel Alves, Fbio, Thiago Silva, David Luiz, Luisão, Marcelo, Adriano, Alex Sandro, Lucas Leiva, Sandro, Fernandinho, Elias, Hernanes, Luiz Gustavo, Kaka, Dudu, Bruno César, Willian, Jonas, Kleber.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20111027_164656_kaka-de-retour-en-selecao.html
タグ:カカ
posted by フランスフット at 00:51 | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界一レンタルされる男

SO FOOT(フランス)27/10/2011

"L’homme le plus prêté du monde"
「世界一レンタルされる男」

Wycombe_Wanderers_FC.jpg

(ウィコム・ワンダラーズFCのクラブロゴ:stikit.co.uk

サッカー選手は夢のような生活を送っていると言った人はだれ?

2008年からレディングに所属している若手サッカー選手、ニコラス・ビグナルの生活は明らかに夢のようではない。

21歳にしてはタフなやつだな、と言う人たちはいるだろう。しかし彼のこのありえない経歴は悲惨だ、と言う方がより賢明である。ビグナルがレディングの選手として出場したのは、1試合に過ぎない。でもそれはなぜだろう?

ニコラス・コリン・ビグナルは、レンタル選手として生活するさすらいの男である。昨日からウィコム・ワンダラーズFCにレンタルされたビグナルだが、レンタルされた回数は総計8回になる。

ウィコム・ワンダラーズ以前に彼がレンタルされたクラブは、ノーサンプトン・タウンFC、チェルトナム・タウンFC、ストックコート・カウンティFC、サウサンプトンFC、AFCボーンマス、ブレントフォードFC、エクセター・シティFCである。

ちなみに、今回のレンタル期間は1ヶ月である。すさまじいハケン社員である。

Qui a dit que la vie d’un footballeur était un rêve ? Certainement pas le jeune Nicholas Bignall, footballeur professionnel à Reading depuis 2008.

Costaud pour un mec de 21 ans, évoqueront certains. Triste diront d’autres, plus avisés du parcours improbable du joueur, qui n’a disputé qu’un seul match sous les couleurs de Reading.

Pourquoi ? Tout simplement parce que Nicholas Colin Bignall est un vagabond qui passe sa vie en prêt. Huit au total, depuis hier et son arrivée chez les Wycombe Wanderers, après des passages à Northampton, Cheltenham, Stockport, Southampton, Bournemouth, Brentford et Exeter City.

Ah, au fait, il a été prêté pour un mois. Satané intérim.
SB

http://www.sofoot.com/l-homme-le-plus-prete-du-monde-149239.html
posted by フランスフット at 00:15 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

『テスコ』の従業員がマンチェスター・ダービーのスコアを売り場で表示

SO FOOT(フランス)27/10/2011

"CRISE DU GÂTEAU À MANCHESTER"
「ピンチに瀕するマンチェスター・ユナイテッドの商品」

Manchester United 1 euro Manchester City 6 euros.png

(写真:SO FOOT

マンチェスターシティのサポーターたちは先週末のダービーを忘れる心配はない。

ストリート、自宅、そしてスーパーマーケット。これらは、スカイブルーを誇らしげに少し高めに掲げても問題ない場所である。

スーパーマーケット・チェーン店である『テスコ』で働く一人の従業員がひらめいた。彼はレッドデビルズの商品の値段を手直しすることで、売り場でもダービー戦のスコアを表示することに成功したのである。

見事な写真である。

Les supporteurs de Manchester City ne risquent pas d’oublier le derby du week-end dernier de sitôt.

Dans la rue, dans les maisons, et même dans les supermarchés. Tous les endroits sont bons pour porter un peu plus haut les couleurs des Skyblues. Du coup, un employé de la chaîne de supermarché Tesco bien inspiré, a modifié le prix des paquets de gâteaux des Red Devils pour afficher le score dans les rayons.

Belle promo.

SB

http://www.sofoot.com/photo-crise-du-gateau-a-manchester-149236.html
posted by フランスフット at 23:33 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。