2011年09月30日

ミャンマーがワールドカップ2018ロシア大会予選から追放される

L'Equipe(フランス)30/09/2011

"La Birmanie exclue"
「ミャンマーがワールドカップ2018ロシア大会予選から追放される」

Paul le Guen receives jets from Myanmar supporters.jpg

(観客席から物を投げつけられるオマーン代表監督ポール・ル・グエン:20minutes.fr

金曜、FIFAはミャンマーをワールドカップ2018予選から追放するとの決定を下した。またミャンマーには2万8000ドルの罰金が科されている。

7月に行われたミャンマー代表対オマーン代表の試合中、観客席で暴力行為が勃発したことを受けての処分である(注:「ワールドカップ2014アジア地区2次予選ミャンマー対オマーンの試合が途中で打ち切られる」を参照)。

ファーストレグで敗れていた(2−0)ミャンマー代表は、セカンドレグでも0−2でリードされていた。そして前半終了間際に暴動が勃発した。

この試合の主審とオマーン代表監督のポール・ル・グエンには観客席から物がぶつけられた。

ミャンマーには敗戦が宣告され、ワールドカップ2014予選での敗退が決定した。

FIFAは金曜、文書の中で、サポーターたちの行為に関し、ミャンマーサッカー連盟が規律違反を犯したと説明している。そしてミャンマーをワールドカップ2018ロシア大会予選から追放した。

La FIFA a décidé vendredi d'exclure la Birmanie des qualifications à la Coupe du monde 2018 ainsi que de lui infliger une amende de 28 000 dollars après que plusieurs scènes de violence aient éclaté dans le public lors de la rencontre opposant la sélection birmane à celle d'Oman en juillet dernier. Battus à l'aller (2-0), les Birmans étaient menés (2-0) quand les heurts ont éclaté, peu avant la fin de la première période. L'arbitre du match et le sélectionneur d'Oman, Paul le Guen, ont alors reçu plusieurs projectiles en provenance des tribunes. Déclarés perdants sur tapis vert, les Birmans ont été éliminés des qualifications au Mondial 2014. Dans un communiqué la FIFA a expliqué ce vendredi que la Fédération birmane avait enfreint le code disciplinaire en ce qui concerne le comportement de ses supporters et était donc d'ores et déjà exclu des qualifications au Mondial 2018 en Russie.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110930_145439_la-birmanie-exclue.html
posted by フランスフット at 22:36 | TrackBack(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『SOFOOT』が韓国人ファンによる日本を中傷する横断幕について伝える

SO FOOT(フランス)30/09/2011

"Fukushima : un fan coréen se lâche"
「韓国人ファンが福島を中傷」

Korean fan.jpg

(写真:SO FOOT

サポーターは必ずしも利口ではないのか、と韓国に尋ねたい。

昨日、アジアチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが行われ、全北現代モータースはセレッソ大阪をホームに迎えた(6−1)。

観客席では、一人の韓国人が横断幕を掲げていたが、そこには以下のように書かれていた。

「日本の大地震をお祝いします」

korean-fans-curse-japan.jpg

(写真:japanprobe.com

この偽ファンは愚かなことをしたと自ら認めている。

「バカだった。日本国民そして韓国サポーターたちに対し謝罪したい。」

その結果。10年間のスタジアム入場禁止処分を受け、大論争が起こった。

韓国では侮辱的横断幕に対して容赦しない。

30 septembre 2011
Dans la série, un supporter c’est pas toujours malin, je demande la Corée du Sud. Hier, les Jeonbuk Motors recevaient le Cerezo d’Osaka pour un quart de finale retour de Ligue des Champions asiatique (6-1).
Dans les tribunes, un supporter coréen sort une banderole sur laquelle il a écrit : " Célébrons le grand tremblement de terre au Japon". Le pseudo-fan reconnait lui même la bêtise : "C’était idiot. Je veux m’excuser auprès du peuple japonais et des supporters sud-coréens". Bilan : Une interdiction de stade de 10 ans et une énorme polémique.
On ne badine pas avec les banderoles injurieuses en Corée du Sud.
CG

http://www.sofoot.com/fukushima-un-fan-coreen-se-lache-148309-news.html
posted by フランスフット at 22:18 | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元パレスチナ代表監督のムサ・ベザズがバーレン・ユース代表監督に就任

L'Equipe(フランス)30/09/2011

"Moussa Bezaz au Bahreïn"
「ムサ・ベザズがバーレン・ユース代表監督に就任」

Moussa Bezaz.jpg

(写真:francefootball.fr

以前ナンシー(2002)、パレスチナ代表(2009年6月から2011年7月まで)で監督を務めたアルジェリア系フランス人のムサ・ベザズ(53歳)が、アジアに戻った。

ムサ・ベザズはバーレンのユース代表監督に就任した。目標はAFC・U−19選手権の本大会出場権を獲得することである。予選は10月下旬から始まる。

Le franco-algérien Moussa Bezaz (53 ans), ancien entraîneur de Nancy (2002) et sélectionneur de la Palestine (juin 2009-juillet 2011) va retourner en Asie. Il a en effet été nommé sélectionneur de l'équipe juniors du Bahreïn, avec pour mission de la qualifier pour la phase finale de la Coupe d'Asie, dont les éliminatoires débuteront fin octobre. - A. Bi.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110930_131409_moussa-bezaz-au-bahrein.html
posted by フランスフット at 21:51 | TrackBack(0) | バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レギア・ワルシャワのサポーターたちがハポエル・テルアビブとの試合で反ユダヤ的横断幕を掲げる

SO FOOT(フランス)30/09/2011

"PHOTO : LE "JIHAD LEGIA""
『ジハード・レギア』

Jihad Legia.png

(写真:SO FOOT

レギア・ワルシャワのウルトラスは、ヨーロッパのなかでも最も安心してつきあえる人々というわけではない。

昨夜、レギア・ワルシャワはイスラエルのクラブであるハポエル・テルアビブをホームに迎えた。

観客席での混乱は一切なかったものの、その一方、掲げられた横断幕がUEFAの注意を引いてしまった。数10メートルの長さのこの横断幕には、シンプルながら露骨な言葉が書かれていた。「ジハード・レギア」。



サブリミナル効果的では必ずしもないこのメッセージを、ユダヤ人団体が許さなかったのは当然のことである。よってユダヤ人団体は即座に「極右傾向があることでよく知られているサポーターたちによるこの反ユダヤ的行為」を非難している。

UEFAはレギアに罰金を要求すると見られている。そしてその額は最高100万ユーロに上る可能性がある。

言うまでもないことだが、レギアサポーターたちは、12月15日にイスラエルで予定されているハポエル・テルアビブ対レギア・ワルシャワの試合への立ち入りを禁止されることになる。

Les ultras du Legia Varsovie ne sont pas forcément les plus fréquentables d’Europe.
Hier soir, leur club recevait les Israéliens de l’Hapoel Tel Aviv. Si aucun incident n’a été recensé dans les tribunes, une banderole a en revanche attiré l’attention des grandes instances du football. Sur celle-ci, longue de plusieurs mètres, on pouvait lire un simple mais tout aussi direct ≪ Jihad Legia ≫.
Evidemment, ce message pas vraiment subliminal n’a pas échappé aux organisations juives, qui ont immédiatement dénoncé le ≪ geste antisémite de supporters bien connus pour leur sympathie envers l’extrême droite ≫.
Le Legia risque désormais une amende de l’UEFA pouvant s’élever jusqu’à 1 million d’euro. Nul besoin de préciser, évidemment, que les supporters seront interdits de déplacement pour le match retour, en Israël, le 15 décembre prochain.
EM

http://www.sofoot.com/photo-de-la-semaine-148314.html
posted by フランスフット at 21:26 | TrackBack(0) | ポーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エディン・ジェコがロベルト・マンチーニに謝罪

L'Equipe(フランス)30/09/2011

"Dzeko s'est excusé"
「エディン・ジェコがロベルト・マンチーニに謝罪」

Edin Dzeko rebells against Mancini.jpg

(写真:bbc.co.uk

火曜、バイエルン・ミュンヘンとの試合で、選手交代の際に不満の意を表していたエディン・ジェコがロベルト・マンチーニそしてチームメートに謝罪した。

「自分のとった行為は正しくなかったことに気づいた。監督に説明したら、監督は自分の謝罪の言葉を受け取ってくれた。今週末のブラックバーンとの試合で自分を起用してくれるということだった。」

このボスニア人選手の態度はほとんど話題に上らなかった。その一方、この試合で途中出場することを拒否したテベスは、シチズンズで大論争を巻き起こした。

Particulièrement mécontent au moment de sa sortie mardi sur la pelouse du Bayern Munich, Edin Dzeko s'est excusé auprès de Roberto Mancini et de ses coéquipiers. ≪Je réalise que je n'ai pas eu la bonne réaction et je me suis expliqué avec le coach, qui a accepté mes excuses et pourra compter sur moi pour le match contre Blackburn ce week-end.≫ L'attitude du Bosnien était quasiment passée inaperçue vu que Tevez, en refusant de renter dans ce même match, a suscité une polémique bien plus grande du côté des Citizens.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110930_001035_dzeko-s-est-excuse.html
posted by フランスフット at 19:54 | TrackBack(0) | イングランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(ほぼ)危機に陥っているドルトムント

L'Equipe(フランス)30/09/2011

"Dortmund, c'est (presque) la crise"
「(ほぼ)危機に陥っているドルトムント」

Jürgen Klopp not happy after the defeat against Marseille.jpg

(写真:monsport.tv

水曜の試合後の発言では落ち着きを見せていたユルゲン・クロップだが、マルセイユでチームが負けたことを快く思っていない。

このドイツチャンピオンチームの監督は木曜、選手を呼び出し緊急危機会合を開いた。そして30分以上にわたって、不満を表した。

ボルシアは今シーズン、リーグ戦以外の試合も含めて9試合を戦って3勝しかしていない(2分け4敗)。

Plutôt modéré dans ses propos d'après-match, mercredi soir, Jürgen Klopp a peu goûté la défaite de Dortmund à Marseille (3-0), mercredi en Ligue des champions. Le coach du champion d'Allemagne en titre a organisé jeudi une réunion de crise avec ses joueurs, pendant plus de trente minutes, pour leur faire part de son mécontentement. Le Borussia n'a gagné que trois de ses neuf matches cette saison, toutes compétitions confondues (deux nuls, quatre défaites).

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110930_112519_dortmund-c-est-presque-la-crise.html
posted by フランスフット at 18:46 | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミシェル・バストスがオリンピック・リヨンとの契約を2015年まで延長

L'Equipe(フランス)28/09/2011

"Bastos prolonge jusqu'en 2015"
「ミシェル・バストスがオリンピック・リヨンとの契約を2015年まで延長」

Michel Bastos at Olympique Lyonnais.jpg

(写真:chronofoot.com

今年の夏、オリンピック・リヨンを退団すると噂されていたミシェル・バストスだが、最終的にはリヨンに残ることになった。

今シーズン始まって以来目覚しい活躍をしているこのブラジル人選手は水曜、リヨンとの契約を2年さらに延長した。

よってバストスはリヨンと2015年6月まで契約を結んでいることになる。

「28歳のミシェル・バストスはオリンピック・リヨンの中心選手の一人である。この中心選手のなかに若手選手を組み込み、クラブに新たな推進力を引き続き与えていこうとクラブは考えている。バストスがいいパフォーマンスを見せることで、彼が2014年ワールドカップに出場できるよう、オリンピック・リヨンとミシェル・バストスは願っている」とオリンピック・リヨンは文書で発表している。

Annoncé sur le départ cet été, Michel Bastos est finalement resté à l'Olympique Lyonnais. Auteur d'un début de saison remarqué, le Brésilien a même prolongé son contrat de deux ans avec le club rhodanien ce mercredi. Il est désormais sous contrat avec les Gones jusqu'en juin 2015. ≪Agé de 28 ans, Michel Bastos fait partie des cadres sur lesquels l'O.L. compte pour encadrer ses jeunes espoirs et prolonger la nouvelle dynamique sportive du club. L'Olympique Lyonnais et Michel Bastos espèrent que ses performances lui permettront de disputer la prochaine Coupe du Monde, au Brésil en 2014≫, a expliqué l'OL dans un communiqué.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110928_144208_bastos-prolonge-deux-ans.html
posted by フランスフット at 18:19 | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

ロベルト・カルロスがFCアンジマハチカラの監督に就任

L'Equipe(フランス)29/09/2011

"Roberto Carlos entraîneur"
「ロベルト・カルロスがFCアンジマハチカラの監督に就任」

クラブ史上前例のないほど大規模な補強をしたにもかかわらす、ロシア・プレミアリーグ7位と低迷しているアンジ・マハチアカラは木曜、ガジ・ガジエフ監督を更迭した。

アンジ・マハチカラの新監督に就任したのは、今年初めに加入したブラジル人のロベルト・カルロスである。

この元レアル・マドリードのディフェンダーは、プレーイング・マネジャーになる。

L'Anzhi Makhachkala, seulement 7e du Championnat de Russie malgré un recrutement sans précédent pour le club, a annoncé jeudi le licenciement de son entraîneur Gadzhi Gadzhiyev. C'est le Brésilien Roberto Carlos, arrivé au club en début d'année qui a été nommé à la tête de l'équipe première. L'ancien défenseur du Real Madrid devient donc entraîneur-joueur.

http://www.lequipe.fr/Football/breves2011/20110929_112133_roberto-carlos-entraineur.html
posted by フランスフット at 21:11 | TrackBack(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入国審査所で待ちぼうけをくったインテル

SO FOOT(フランス)28/09/2011

"L’Inter bloquée à la douane"
「入国審査所で待ちぼうけをくったインテル」

昨夜、インテルはアウェーでCSKAモスクワを倒した(2−3)。

インテルは勝利を手早くお祝い。そしてミラノ行きの便に搭乗した。

飛行機は午前2時20分にミラノに到着。ところが入国審査を担当する審査官は一時間前に仕事を終えていた。

つまり入国審査所にたどりついたインテル選手ならびにスタッフは、窓口が閉じられているのを目撃してしまったのである。

試合と移動で疲労困憊していたインテル関係者全員が、15分間にわたってそこで待たされていた。しかもだれかが来てくれるという確信など何もなかったのである。

しかし幸運にも午前3時前、審査官たちが何事もなかったかのようについに登場。皮肉と安堵がつまった拍手で迎えられた。

メルシー神様。パスポートを紛失した人がいなくてよかった。

28 septembre 2011
Hier, l’Inter s’est rassurée en allant gagner sur la pelouse du CSKA Moscou (2-3).
Les nerazzurri, après avoir rapidement fêté leur victoire, ont embarqué sur un vol Moscou-Milan. L’avion a atterri aux alentours de 2h20 du matin. Une heure tardive, pour les policiers en charge de faire passer les contrôles à la douane.
Ainsi, lorsque les joueurs et le staff de l’Inter sont arrivés aux fameux portiques où il faut présenter son passeport, ils n’ont trouvé que des guichets fermés. Interrogation. Attente. Incompréhension.
Pendant près d’un quart d’heure, tout le monde, lessivé par le match et le voyage, a attendu là, avec aucune certitude que quelqu’un allait finir par venir les libérer. Heureusement, peu avant 3h du matin, des agents ont enfin fait leur apparition, comme si de rien n’était, et ont été accueillis par des applaudissements remplis d’ironie et de soulagement.
Dieu merci, personne n’avait égaré son passeport.
EM

http://www.sofoot.com/l-inter-bloquee-a-la-douane-148149-news.html
タグ:インテル
posted by フランスフット at 20:59 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラルフ・ラングニックに理解を示すオットマー・ヒッツフェルト

SO FOOT(フランス)28/09/2011

"Hitzfeld comprend Rangnick"
「ラルフ・ラングニックに理解を示すオットマー・ヒッツフェルト」

先週末、ラルフ・ラングニックはシャルケ04幹部に辞表を提出した。その理由は、プロジェクトを押し進めていくだけの体力がもはやなくなったからである。

この決断はショッキングなものだった一方、オットマー・ヒッツフェルトはラングニックの勇気を称えている。

「勇気を出して辞めるという決断を下したことを公表したラルフ・ラングニックにはあらゆる敬意を表したい」とこのスイス代表監督は『sport1』で語っている。

以前BVBそしてバイエルン・ミュンヘンで監督を務めていたヒッツフェルトも、実は1997年に似たような状況を経験していた。ボルシア・ドルトムントを率いてチャンピオンズリーグで優勝した後、レアル・マドリードがヒッツフェルトに接近してきた。

しかしヒッツフェルトは断った。なぜなら彼は「バーンアウト寸前だった」からである。

当時その決断が彼にとってはうまく働いた。その4年後、ヒッツフェルトは、今度はバイエルン・ミュンヘン監督としてチャンピオンズリーグを制したのである。

昨シーズン、シャルケ04監督としてチームをチャンピオンズリーグ準決勝に導いたラングニック。数年後に待ち受けているものがあることを、彼は分かっている。

28 septembre 2011
La semaine dernière, Ralf Rangnick présentait sa démission au board de Schalke 04. Motif : le coach n’avait plus d’énergie pour mener à bien son projet.
Si cette décision a pu choquer, Ottmar Hitzfeld, lui, salue le courage de Rangnick : ≪ Ralf Rangnick a tout mon respect, pour s’être montré courageux et d’avoir déclaré en public qu’il avait pris la décision d’arrêter ≫, a déclaré le coach de la Suisse à sport1.
Hitzfeld, ancien coach du BVB et du Bayern, s’était en effet retrouvé dans une situation similaire en 1997. Après sa victoire en Ligue des Champions avec le Borussia Dortmund, le Real Madrid l’avait approché. Il avait alors refusé, car il ≪ frisait le burnout ≫.
Bien lui en avait pris, à l’époque ; quatre ans plus tard, il gagnait une nouvelle Ligue des Champions, avec le Bayern, cette fois. Demi-finaliste l’an dernier avec Schalke, Rangnick sait ce qui peut l’attendre dans quelques années...
AF

http://www.sofoot.com/hitzfeld-comprend-rangnick-148161-news.html
タグ:インテル
posted by フランスフット at 20:52 | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。